セルフネイルとは?

セルフネイルを綺麗に行うコツ

セルフネイルを綺麗に行うコツとして重要な事は、なるべくムラが無いようにするという事です。
どうしてもきれいに塗る事ができないと見た目が悪くなってしまうので、その点に関しては十分注意しておかなければいけません。
上手にむらなく塗る為には、一気に塗る事、そして乾く前に何度も重ね塗りしない事です。
もう一つはネイルを施す手の方をしっかりと固定しておくという事です。
手が動く状態になっているとなかなかうまく装飾する事ができない場合もあるので、テーブルにしっかりと置くなどしてしっかりと固定してから作業を始めます。
それ以外でセルフネイルをする上で重要な事は、はみ出ないという事です。
基本的な事ですが、案外失敗してしまったり見落としてしまう事も珍しくありません。
ただ利き手の方を塗る場合はどうしてもはみ出てしまう事もあるので、そういう場合は綿棒にリムーバーを着けてはみ出た部分を綺麗に取り除けば、美しい爪にする事ができます。

セルフネイルのコツについて

セルフネイルをする際のコツとして覚えておきたいのが、手順をしっかりと守る事です。
まず重要になってくるのが、ネイルを塗る前の爪の手入れです。
爪に油分等が残っていれば、剥がれやすい状態になります。
ですから、最初にしっかりと油分を取り除いていく事が重要で、その為には、除光液で爪を拭いておくという事も有効になってきます。
そしてしっかりと汚れと油分を落とした後には、ベースコートを塗っておく事が大切です。
セルフネイルの場合、ベースコートとトップコートは省いても良いのではないかと考える人も少なくありませんが、ベースコートとトップコートをしっかりとしておく事で、ネイルの持ちが格段に良い状態となります。
現在、トップコートは艶や輝きを加えるだけでなく、マットな仕上がりにする事が出来る等、様々な仕上がりを演出出来るようになってきています。
ですから、セルフネイルの際は、トップコートまでしっかり塗っておく事がお勧めです。

Copyright 2015 セルフネイルでキレイに All Rights Reserved.